長野の方へ|外壁塗装の必要性について解説します

  • HOME
  • ブログ
  • 長野の方へ|外壁塗装の必要性について解説します

「外壁の汚れが目立ってきたから、そろそろ外壁塗装をした方がいいのかな。」
「外壁塗装を行うべきかどうか分からない。」

このように外壁塗装についてお悩みの方はいませんか。
外壁が傷んできたから、外壁塗装をしたいという方は多いのではないでしょうか。
しかし、中には外壁塗装を行うべきかどうかがわからなくて、困っている方もいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事は、外壁塗装の必要性と、外壁塗装をせずに放置するとどうなるのかについて解説します。
ぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装の必要性

外壁塗装の必要性について解説します。

*建物を保護するため

外壁は、紫外線や雨風にさらされています。
地震や台風でもダメージが蓄積されていきます。
ダメージを食い止めるためには、外壁を保護しなければなりません。
外壁塗装をすることで、防水や劣化防止、環境に適応できるといったメリットが得られます。

*塗料には耐用年数がある

どのような塗料にも耐用年数があるので、時間が経つと保護機能は失われます。
保護機能がなくなると、外壁材は直接影響を受けます。
雨水を浴び続けることで、木の部分が腐り、鉄部にはサビが広がるでしょう。
そうなると、塗装以外にも修復費用がかかります。
耐用年数に合わせて外壁塗装をすることで、保護機能を維持して、費用を最低限に抑えられます。

□外壁塗装をせずに放置するとどうなるのか

外壁塗装をせずに放置した場合に起きる不具合について解説します。

*エフロレッセンス

コンクリートやモルタルの壁に発生する現象で、外壁の表面に白い粉が浮き出てきます。
エフロレッセンスが起きている場合は、外壁の保護機能が低下しているので、外壁塗装を行いましょう。

*チョーキング

チョーキングとは、外壁を指で触ると白い粉が付着する現象です。
白い粉は、雨や風によって塗料の中の合成樹脂が分解され、顔料が粉状になったものです。
チョーキングは、塗膜劣化によって起きているので、環境から家を守る役割が弱まっています。
放置すると劣化が進んでいくので、早めに外壁塗装を行いましょう。

□まとめ

今回は外壁が剥がれる原因や対処法について解説しました。
この記事を参考に外壁塗装をしてみてください。

長野で外装のリフォームをお考えの方はいませんか?
当社の熟練した職人の技術でお客様のご要望にお応えします。
屋根塗装、外壁塗装、断熱塗装や小塗装工事を承っておりますので、塗装のことなら何でもご相談ください。

お問い合わせ

長野県近郊での外壁塗装・屋根塗装なら共立塗装商会へお任せください。
ご依頼・お見積り・ご質問は、お電話またはFAX、お問い合わせフォームにて承っております。

TEL 026-221-2286

FAX 026-214-0205

お問い合わせ