知っておきたい外壁塗装の基礎知識!長野県にお住まいの方必見!

  • HOME
  • ブログ
  • 知っておきたい外壁塗装の基礎知識!長野県にお住まいの方必見!

「家を建ててから10年以上経つし、そろそろ外壁塗装ってものをした方がいいのかしら」
このようにお考えの長野県に住む奥様はいませんか。
しかし、奥様の中で外壁塗装について正直あまりよく分からないと感じている方は多いのではないでしょうか。
そこで、今回は、外壁塗装とはそもそも何か、外壁塗装をするべきサインは何かといった情報をお教えします。

□外壁塗装とはそもそも何か
外壁塗装とは、外壁の表面を塗料の皮膜で覆う工事のことです。
外壁塗装を行う目的は主に2つあります。
1つめは、さびや傷から家を守るためで、2つめは、家の外観を良くするためです。

□外壁塗装をするべきサイン
外壁塗装を行う目安としては、10~12年に1回となります。
しかし、外壁に以下のような症状が見られた場合、早急に外壁塗装を行うことをおすすめします。

*塗装が剥がれている
塗装が剥がれているということは、剥がれている部分は外壁を守れていないということになります。
そのため、外壁の素材の腐食や反りが進行しやすくなります。

*外壁にひび割れがある
外壁のひび割れ部分は、雨漏りを起こす原因となります。
また、ひび割れしていることで、露出している外壁の素材が、すぐ腐食する可能性も高まります。
ちなみに、補修依頼の目安として、幅が0.3ミリメートル以上、深さは5ミリメートル程のひび割れであった場合、外壁材自体がダメージを受けているので、早急に業者へ依頼する必要があります。

*シーリング材が劣化している
シーリング材とは、外壁の継ぎ目にシリコン樹脂で穴埋めしている部分のことです。
外壁の塗装と同じように屋外の環境にさらされている内に劣化し、その寿命は10年程度になります。
また、特に家がサイディング外壁であれば、継ぎ目部分にあるこのシーリング材に亀裂があるかを見てください。
これは、様々な外壁の中でもサイディング外壁が、ひび割れが入りにくい代わりに、継ぎ目から雨水が入って劣化しやすいものだからです。

*チョーキングが起きる
チョーキングとは、塗装の表面を手で触ったときに、塗装の粉が手に付く状態のことです。
この状態は、水を弾くといった塗装の保護効果がなくなっている証拠です。
そのため、また外壁表面が水を弾くようにするために、外壁を張り替えます。

□まとめ
今回は外壁塗装とはそもそも何か、外壁塗装をするべきサインは何かといった基本的な情報をお教えしました。
また、当社、有限会社共立塗装は長野県を中心に外壁塗装やひび割れ補修、耐熱塗装などのご依頼を受け付けております。
そのため、外壁塗装を行いたいといった要望があれば、是非当社へお問い合わせください。
今回の記事が、外壁塗装を検討中の方にとってお役に立てたら幸いです。

お問い合わせ

長野県近郊での外壁塗装・屋根塗装なら共立塗装商会へお任せください。
ご依頼・お見積り・ご質問は、お電話またはFAX、お問い合わせフォームにて承っております。

TEL 026-221-2286

FAX 026-214-0205

お問い合わせ