長野県で外壁塗装したい!塗料の種類ごとの単価や特徴を教えます!

  • HOME
  • ブログ
  • 長野県で外壁塗装したい!塗料の種類ごとの単価や特徴を教えます!

「外壁塗装をしたいが、塗料にかかるお金がどれくらいか分からないので心配だな」
「塗料の種類ごとの単価や特徴を知った上で塗料を決めたい」
このように考えている方はいらっしゃいませんか。
外壁塗装業者以外の人にとって、塗料の単価といったお金にまつわる知識はなくて当然です。
しかし、その知識を持っておくことで、塗料の単価をわざとつり上げて外壁塗装の依頼を受ける悪い業者に騙されなくて済むようになります。
そこで、この記事では、塗料の種類ごとの単価や特徴を紹介します。

□塗料の種類ごとの単価や特徴
塗料の種類によって、単価や強みが違います。
また、耐用年数としては、建物周辺の環境によって変わってくるので、あくまで目安として捉えてください。
それでは、単価が安い塗料から順に説明していきます。

*アクリル系塗料
単価は1400~1600円程で、耐用年数は5~7年程度です。
メリットとしては、その安さが挙げられます。
全ての塗料の中で、アクリル系の塗料が一番安いです。
デメリットとしては、すぐに外壁の色が褪せることやチョーキングが起こりやすいことです。
ここで、チョーキングとは、外壁に触れた際に白い粉が手に付く劣化現象のことです

*シリコン系塗料
単価は2300~3000円程で、耐用年数は10~15年程度とされています。
外壁塗装で一番人気のある塗料で、耐久性とコストパフォーマンスの両方で優れています。
現在の主流となっている塗料なので、各メーカーが製造に力を入れており、シリコン系塗料だけでも様々なものがあります。

*ラジカル制御形塗料
単価は2500~3000円程で、耐用年数は12~15年程度です。
最近、外壁塗装に使う塗料の中で人気が出てきています。
シリコン系塗料と同程度の単価で、耐用年数が数年長いことが強みです。
他の塗料と比べて歴史の浅い塗料ですが、各メーカーが開発を進めており、シリコン系塗料に変わって、今後の主流になる可能性があります。

*フッ素系塗料
単価は3800~4800円程で、耐用年数は15~20年程度とされています。
メリットとしては、その耐用年数の長さです。
全ての塗料の中で、フッ素系塗料が最も耐用年数が長いです。
そのため、何度も塗り替える必要がありません。
デメリットとしては、その単価の高さが挙げられます。
しかし、高価な分、他の塗料と比べて、汚れや紫外線に強く耐久性に優れています。

□まとめ
今回は、塗料の種類ごとの単価や特徴について紹介しました。
また、当社、有限会社共立塗装は長野県を中心に外壁塗装やひび割れ補修、耐熱塗装などのご依頼を受け付けております。
そのため、外壁塗装を行いたいといった要望があれば、是非当社へお問い合わせください。
今回の記事が、外壁塗装の塗料をどれにするか悩んでいる方にとってお役に立てたら幸いです。

お問い合わせ

長野県近郊での外壁塗装・屋根塗装なら共立塗装商会へお任せください。
ご依頼・お見積り・ご質問は、お電話またはFAX、お問い合わせフォームにて承っております。

TEL 026-221-2286

FAX 026-214-0205

お問い合わせ